工法へのこだわり

東新土地の建てる住宅について一部ご紹介します。
標準仕様もこだっわっております。

木造軸組在来工法

東新土地は「昔ながらの建て方」を今の時代に合うように建てる建て方を行っております。
 
また、東新土地の木造軸組の場合
2間(3640mm)に1本の割合で通柱を入れています。
 
通柱 4寸5分(135mm)
管柱 3寸5分(105mm)

地盤調査 ・ 地盤改良

建物、間取りが決まりましたら
建物が建つ位置によって第三者社機構より地盤調査を行います。
 
第三者機関 地盤調査・地盤改良

基礎工事

東新土地の家は面で支える「べた基礎」工法を推奨しております。
 
構造設計によって鉄筋の配置等も1棟1棟チェックして行います。
 
基本ベースは異形鉄筋  D10(10mm) と D13(13mm) を使用
 
150mmピッチで編んでおります。
 
もちろん上に建つ間取りによって更に太い補強筋等も利用します。
 

基礎 床下断熱

玄関周りや浴室周り等は、基礎からの立ち上がりに断熱をしております。
床下断熱は断熱性能も高く、また環境にもいいと言われている
フクフォームEco古紙廃材を使った環境配慮型の床下断熱材を推奨しております。
 

窓回り

LIXIL サーモスLを推奨しております。
ペアガラスは軽く10年以上前からの当たり前
今の時代は、「高断熱サッシ」+「Low-E複層ガラス」を使用して省エネ化に力を入れております。
 
 

壁断熱

壁断熱は、吹付のフォームライトSLを推奨しております。
マシュマロ断熱で高気密、高断熱により省エネ住宅になっております。
 
 

天井断熱

天井断熱はグラスウールを採用。
省エネ等級の関係により、熱伝導率を基準に1棟1棟、数値にそって施工します。
ウレタン断熱施工も行いますが、電気配線等の関係でグラスウール施工を行っております。
 
グラスウールメーカー

胴縁工法  (内部)

最近の一般木造住宅では施工をすることが少なくなった胴縁(横桟)
今は胴縁がない柱に直接施工する、直貼り工法が多いです。
ご存知ですか?当たり前に下地があると思っていませんか?
 
東新土地は今もなお、胴縁を打つことにこだわっております。
壁の構造強度を増すことができるとともに、経年による壁が動いて出来るクロス等のクラック軽減にも結びつきます。
長い経年に伴って安心をご提供するためにも、見えないからこそ壁の内部施工にも力をいれております。

外壁通気工法  (外部 胴縁工法)

外部周りは、防水シートの上に厚さ16mmの空気層をつくっております。
これにより、外部周りの空気層が循環して通気を行います。
四季の温度変化によって循環するようになっております。
また、16mmの空気層によって、仮に雨水の侵入や湿気によって水滴ができても、下へ下へ流れやすくなっております。

ずっと長いこと住む家です

東新土地の家は、手間ひまをかけさせていただきます。
すみませんが、どうしても3~4ヶ月では建てられません。
 
何十年と長いこと住む家です。
見えない場所こそ「こだわり」をもって施工させて頂きます。
 
構造・省エネに特化した住宅
今は本当のランニングコストがかからない住宅にも力を入れていきます。
 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0584-78-6764
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
東新土地株式会社
〒503-0805
岐阜県大垣市鶴見町397-11
TEL.0584-78-6764
FAX.0584-81-1638
 
土地・新築住宅・中古住宅の売買・仲介・買取
内装、外装 リフォーム工事
増改築工事
太陽光取り付け工事
カーポート等エクステリア工事
ビル・マンション・アパート・借家・駐車場の管理
保険代理店
住宅関係全て行います!!